展覧会の様子

MINERVA 2018 in LONDON

会期:2018年7月25日(水)〜7月28日(土)
会場:マル・ギャラリーズ(イギリス)
主催:ミネルヴァ実行委員会
運営:株式会社 クオリアート
協力:英国王立美術家協会(RBA)


江戸時代の「日英修好通商条約」によって日英に国交が結ばれて160年という本年。またロイヤルウェディングをはじめ、祝い事に湧くロンドンで、美術展覧会「MINERVA 2018」を開催いたしました。会場となったのは、女王エリザベス2世の声明によって1971年にザ・マル(マル・ストリート)に開設され、英国王室に縁ある格式高いマル・ギャラリーズです。ザ・マルは、トラファルガー広場とバッキンガム宮殿を結んでおり、国家行事や王室の儀式に欠かせない、ロンドンの重要な花道の一つ。5月のヘンリー王子とアメリカの女優メーガン・マークルさんとの結婚式や、6月の女王エリザベス2世の公式誕生日をはじめ多くの祝い事が重なり、ギャラリー周辺も未だ式典のムードが醒めやらない様子でした。

7月25日には、開会に先立ちセレモニーを実施。会場には英国王立美術家協会(RBA)からボードメンバーの皆様がご来場。展示された各ジャンルの日本アーティストによる力作の数々をご覧いただくとともに、制作者によるギャラリートークも行なわれました。 会場には同施設を拠点とする英国王立美術家協会(RBA)のご協力とご理解を賜り任命された、英国王立美術家協会名誉会員による日本画、洋画、彫塑、工芸、写真、書道、文芸の約200点の芸術作品を展示。 会期中は1千名を越える多くの来場者に本展へ足を運んでいただきましたが、どの方も、日本のアーティストによる多岐にわたるジャンルの多彩な表現に、驚きと感動を隠せずにいる様子でした。

日英国交160周年の節目にふさわしく、両国の文化と人が交流を果たした美術展覧会「MINERVA 2018」は、連日盛況を博し、華々しくその幕を閉じました。


出展作品《face25》


Information一覧へ戻る

藤田淑子FACEシリーズ