来場者で賑わう会場
(左)本展でインドとの文化的交流に寄与したとして、国立ガンジー記念館館長より授与された「国際平和褒章」(右)《FACE・24》を鑑賞するマザー・テレサズ・ホームのシスター達

第25回 国際平和美術展
WORLD PEACE ART EXHIBITION 2017

会期:
2017年11月10日(金)~11月13日(月)
会場:
Lalit Kala Akademi(ラリット・カラ・アカデミー)【インド国立美術学院内】
主催:
I・P・A実行委員会
後援:
外務省、広島市、長崎市、公益財団法人 ユネスコ協会連盟、公益社団法人 日印協会
運営:
株式会社 クオリアート

テーマ:

1.芸術文化を通じた平和希求

2.日・インド国交樹立65周年、日印文化協定締結60周年、マザー・テレサ没後20年

開催内容:

平和を愛する日本全国のアーティスト211名の作品展示 アーティストによる平和へのメッセージも同時展示 (日本画・洋画・彫塑・陶芸・工芸・写真・書道・文芸他)


日本・インド国交樹立65周年、日印文化協定発行60周年、マザー・テレサ没後20年の節目に開催された本展。会場には平和を愛する芸術家の作品211点と平和へのメッセージが一堂に会し、デリー大学の教授や現地の美術新聞関係者ほか多くの人々が来場しました。作品はもとより私たちが発信するメッセージにも、平和に対する思いが強いインドの人たちの共感が集まったようです。


渡航作家の一行は国立ガンジー記念館を訪問し、敬意を表して献花、植樹を実施。館長より両国が交流する機会をもたらしたとして、出展作家に国際平和褒章が授与されました。またマザー・テレサの活動拠点“マザー・テレサズ・ホーム”を表敬訪問し子どもたちに玩具を贈呈するなど、平和を愛した先人と思いを一つにする展覧会となりました。


Information一覧へ戻る

藤田淑子FACEシリーズ